西の魔女が死んだ

本好きの娘(小3)は、最近は児童書だけに飽き足らず
「ママの読んでるような本も読んでみたい」と言います。
(おそらく、「文庫本」という意味ではないかと)

私は推理小説(特に本格推理物)が大好きなのですが、
・・・それは・・・ちょっと・・・まだ早過ぎる気が・・・。

なので、ハートフルなこちらを勧めてみました。

d0116969_1154127.jpg


映画化もされていますね。

以前、ショッピングセンターの映画館前で見かけたポスターに
超!ど真ん中ストライクなガーデン&お家が載っていて
それで気になって、買って読んだ本です。
(結局、映画は観なかったけど。DVD借りて観ました。汗)

梨木香歩さんの文章は、体にすっとしみこむようで、心地いいです。

内容的にも、すごくいい本です。
私が普段お説教しても反発する娘ですが、
それと似た内容が、嫌味にならずに書かれていて、
反発せずに、素直な気持ちで読んでいるようでした。

これからは、お小言を言わずに、
そういう小説を手渡そうかしら・・・という気分になりました(苦笑)

で、あっという間に読んだ娘のために、DVDを借りてきました。

d0116969_11362930.jpg
これが「ど真ん中ストライク」な例のポスター


子どもたちと私と、3人で観ました。

おばあちゃんちに到着したシーンで、
それまで興味なさげに観ていた息子(小1)が
「ママの好きそうなお庭だねー。アレ欲しいんじゃない?」と一言。

d0116969_11414058.jpg
ママの欲しいコンサバトリー(温室)


いやぁ、よくわかってるねぇ!
素敵よね?可愛いよねぇ?あぁ!ホント欲しいよねぇ!!


と大興奮で息子に返事をしていて、
「うるさい。聞こえない。」と娘に怒られました(汗)

この映画は、これまで観たどの映画よりも
原作の小説に忠実に出来ていると思います。
一部、原作にいない登場人物も出てくるけど、
作品世界は全く変わらない。

なんてったって、セリフが小説と映画でほぼ一緒なのだもの。

それに気づいた娘は、途中からはずっと、
映画の音だけ聞きながら、小説をめくって確認する始末。
(せっかく借りてきたんだから観ろよ!と思いつつ・・・)

映画に出てくる庭やインテリアばっかり眺めている母とは
対照的でありました。

息子は・・・と言いますと、
ちょっとでも怖そうな場面が出てくると(暗いとか)
「こわいよー。こわいよー。」とビビりまくりで、
チワワのような奴だなぁと、改めて思いました(爆)

それにしても、本当に、
大事なことを教えてくれる良い小説です。

映画も素敵でした。

梨木香歩さんの小説、他もすごく良かったのですが、
今の娘にはまだちょっと早いかな?
将来、もう少し大きくなって心も成長した頃に
進めてみたいと思います。
(「裏庭」とか「からくりからくさ」とか「りかさん」とか)
[PR]

by pe-tappi | 2012-07-18 11:58 | 日々のこと