小道掘って出た土を活用

芝生の水はけを少しでも改善するため、
そして、憧れのナチュラルガーデンに近づくため
小道を作っています。

d0116969_8385181.jpg


小道のラインを決めたら、砂利を敷き込めるために
ただひたすら、せっせと掘っていく訳ですが、
10cmも掘ると、石だらけでゴツゴツの悪い土壌です。
『土を掘る』というよりも、『石をほじくり出す』という感じです。

出てくる石の量もハンパありません。
ゲンコツ大の石やら、細かい砕石、玉砂利なども出てきます。
そして、石の間には、水はけの悪い赤土。

・・・・これ・・・・どうしよう・・・・。

途方に暮れそうになりましたが、ふとアイデアが閃きました。

娘専用の花壇を作ろう!

d0116969_8505447.jpg
(オレンジで囲った部分)庭の南側に花壇を作ろう!


以前より、娘は「プランターではなく、自分の花壇が欲しい」
と言っているので、今回出た土や石を利用して
娘花壇を作っちゃいます。

ここはフェンスの基礎ブロックがあるところなので
ただ、土を掘ってレンガ等で囲っただけでは日光が当たりません。

そこで、CBブロックを使ってレイズドベッドを作ります。
(レイズドベッド=縁をレンガや石で囲って床面を高くした花壇のこと)

d0116969_8584519.jpg


買って来たCBブロックと、裏庭に転がっていたブロックで
囲いを作ります。(サイズ計算せず買ったので、1個足りなかった)

欲を言えば、もう一段ブロックを上に積み上げて
フェンス基礎と同じ位まで、高さを出したいところですが、
そのうち違うデザインにしたくなるかもしれないので、
モルタル等で固定せず、ただ一段置いただけの花壇にします。
(それでも、日照はだいぶ違うと思います。)

そこへ、まず、掘って出た石(砂利サイズ)を入れていきます。
(げんこつ大の石は、裏庭へ持っていった。)
私と子ども2人とで、「ふるい」を使って石と土を振り分けました。

その時に出来たサラサラの赤土は、後で腐葉土や黒土と混ぜて
花壇の土にしたいので、取っておきます。

簡単なんだけど、時間のかかる地道な作業です。
娘は自分の花壇作りなので張り切って黙々と。
息子はたまに邪魔しにくる程度に(苦笑)頑張りました。

小道づくりと花壇づくりの同時進行。
まだまだ続きます。
[PR]

by pe-tappi | 2012-05-10 09:06 | 庭づくり